2015年10月アーカイブ

冬じたく

こんにちは。


ふぁ~ 今日は寒いなぁ

PA230004.JPG

冬の準備、しとかなきゃ

縄文王国山梨

こんにちは。


秋は本当に催しが多いですね。
そんなこんなで今回は山梨まで足を伸ばしました。


PA170003.JPG


隣市(茅野市)が縄文時代の国宝6指定中2指定を受けているとなれば、縄文=長野県という感覚になってもおかしくないと思いますが、もちろんそんなことはないでしょう。

特に同じ八ヶ岳を有してることもあり、長野と山梨はどのような視点の違いがあるかも興味がありました。


山梨の土器はとにかく大きい、数が多い、バラエティ性がある、土が良いことが特徴だそうです。県内の考古館をまだ一ヶ所しか訪れていないこともありますが、これらは新たな気づきです。土の違いなどは考えてもみませんでした。

吸収すべきことがありすぎる・・・


勢いあまって長野県考古学会の会員にもなってしまい、これからどうなっていくのか?よくわからないところがまたワクワクします。



自然農2年、縄文1年。
新しく始めたことは1,2年だとこれっぽっちしか進まないことを実感するので、ほかにやりたいことはないかまだまだ探しています。早く始めるに越したことはありませんからね。

まだまだオクラ

こんにちは。


アフリカ原産のオクラが、この陽気のおかげでまだまだ元気です。

PA230001.JPG

霜が降りると枯れてしまうらしいので、直前のこの時期までしっかり収穫できるとは思っていませんでした。嬉しいです。

オクラは種取りが簡単だからありがたい。本種は丸オクラなので、来年は角オクラにも育ってもらおうと思います。


そばまつり

こんにちは。


昨年より信州そば発祥の地!を公言するようになった伊那市で、そば祭りが開催されます。


PA220002soba.JPG

みはらしファームで色々なイベントが催されます。

修験道の開祖とされる役 小角(えんのおずぬ)が、世話になった地元民に残していったのが始まりとされる伊那市の蕎麦。

生産高は県内でも1,2位を争っていて、皆さんが何気に食している蕎麦はもしかしたら伊那産かもしれません。

こちらへお出かけの際は足を運んでみてください。

移住しよう

こんにちは。


今はどの自治体も移住を推進したいと考えていて、地域の教科書はその現われの一つだと思います。


ご存知の通り私も移住者ですが、縁がありこの地に来ることができたことを心から嬉しく思っています。



県民性地域性など色々言われますが、何度か引越しをしてきた経験からすると、一番違うなと感じるの
は会話中の方言で、多民族でない日本ならあとはそこまで変わりはないでしょう。


となると、国内どこへ移住しても、馴染むか馴染まないかは結局自分次第。
心地良い場所だと感じるのであれば、そこに住む人達も心地よい方々だと思いませんか?


さぁ、ご自分の感性を信じてLet's go!

地域の教科書

こんにちは。


伊那市といっても、昔の村々が合併したものです。
それぞれの地区ごとで慣習や行事が異るでしょう。


PA200003.JPG


そんな地区の特徴をまとめたパンフレットを市が作成してくれました。
これは大変ありがたい。お客様にもすぐに返答ができます。

まだ作成中の地区もありますが、7割ほどは揃っているようです。
市役所のロビーに棚がありますので、気になる方は手にとってみてください。

スポーツの秋

こんにちは。


伊那市市民体育祭ソフトテニスダブルス部門に兄弟で出場。
そして見事に1、2フィニッシュ!


tenisu1011.JPG


ただ、出場チームは全4チーム・・・

ま、でも努力して勝つことを経験するのも大事です。

最終講座

こんにちは。


いや何年振りでしょうか?
学生気分で講座に出席しました。


kisokouza.JPG


木曽にある林業大学校での今年最後の講座、森林の変遷についてです。
今回は学生さんと共に受ける形式で、自分より半分以上も若い人達はどのように受講するのかも興味がありました。

今の若い者は~ とは散々いわれますが、自分の頃よりしっかりしていると感じました。
ボーとしている人はいないし、相変わらず挨拶はしてくれるし、終了後の片付けもてきぱきしているし、教授の駄洒落なんかにもちゃんと反応している・・・

学校の教育、目的意識、全寮制などの要素は色々あると思われとても心地の良い時間をすごしました。


ここの講座は地理、気候、植物などの観点から、今後の私たちの向かう世界についての広い視点を与えてくれるとても価値のあるものです。

来年もぜひ参加させていただきます。

太鼓

こんにちは。


その祭りでは様々な演目があります。

IMG_5309.JPG

6年生になると、中学生と共に太鼓を演奏することになります。

そしてなぜか(というよりいつもの通り?)、長男について行った次男も壇上に上がっています。
3年生の出演は今まで見たことありませんが、よかったのでしょうか・・・

何だかんだで毎年足を運んでいるお祭り、いつまでもしっかりと続いてほしいものです。

Today*s 1013

こんにちは。


地元の神社で祭りがありました。


IMG_5318.JPG


思わず見とれる。

赤ソバ

こんにちは。


忘れずに箕輪町まで行ってきました。

soba15.JPG

soba15a.JPG

先週末の状況です。
昨年より色が薄い気がしたのは、あの台風による影響で倒れていたのと、見ごろが終盤だったからだと思います。写真でもわかりますね。


もちろん赤蕎麦も食べてきました!
あぁやっぱりおいしいわ~


実はこの日急遽行くことにしたので、ちょっと出遅れて12:30ごろ着になり、もしかしたら売り切れかもと内心ドキドキしていましたが、まさにギリギリセーフ!残り7食というところで間に合いました。

蕎麦の提供は明日が最終日かもしれません。ご確認の上、ぜひ見て食べて楽しんできてください。

秋へ

こんにちは。


ガオォーー

PA030014.JPG


夏野菜は曲がってきました。

無知

こんにちは。

そろそろ人生も半世紀を迎える入り口にさしかかる今、いつも懸命に歩んできたつもりではありますが、それでも、まだまだ自分は何も知らないわかっていないことを痛感し、今まで私は何をなしてきたんだろうと思うことがあります。

ニュートンさんは、

「私は海辺で遊んでいる少年のようである。
ときおり、普通のものよりも滑らかな小石やかわいい貝殻を見つけて夢中になっている。
真理の大海は、全てが未発見のまま、目の前に広がっているというのに。」

という言葉を残しているそうです。

なぞらえるのは恐縮ですけど、おそらく自分も、その生を終えるまで似たような感覚のままじゃないかと思うのです。


ただ、自分を、次に生をつなぐ存在、前にご紹介したアマゾン先住民族の言葉を借りれば「ただ地球を通り過ぎる存在」であると考えると、なんとなく心が安らぎます。


とにかく、日々学習日々体験の気持ちだけはいつまでもなくさないようにします。

新米!

こんにちは。


うっほうっほ、今年もとれたぞ、うっほうっほ、うっほっほ。


P9260019.JPG


ながちゃ(めちゃ目上の方ですが愛称で呼んでます)の田んぼで育ったお米。
魚沼産コシヒカリを超えた、伊那市三峰川流域のわが地区でとれたお米です。

今年は例年以上の天候不順だったのでどうなんでしょう?
味わえるのはもう少し先になります。

ゲーム

こんにちは。


「きのうはじいじのたんじょうび、みんなでおいわいしました」


なんて言葉を使うほど孫達は幼くないですが、・・・ 
高遠でマツタケを買ってきたというので誕生日会とあいなりました。

香りマツタケ味シメジとよく言われますがそんなことはありません、やっぱりマツタケは味も最高です。薄切り?をおいしくいただきました。


さて、食事もひと段落、子供達が人生ゲームをやるというので、こちらは人生初の人生ゲームに加わってみました。

まあ、お金が増えたり減ったりするゲーム?なんですが、発案者はただのゲームと考えていたのか、裏に何か意図するものがあったのか。

結局他の4人と違って、各種保険の加入、株や家の購入も頑なに拒否していたら、見事にビリになりました。
むむむ・・・  このような人生を選択しても大逆転する要素をいくつか追加するともっと面白くなるのにと悶々としたのでした。

余計なものはいらん。

そのこころに

こんにちは。


前々から私を感動させている出来事があります。
それは昨日の深夜にも行われました。


PA010004a.JPG

これです。
はて?何のこと・・・  と思われるでしょう。



普段は下の状態です。
違いがわかりますか?

PA010003.JPG


新聞って普通このように縦長にポストに投入されるものですよね。

ただこの配達員さんは、ここは屋根の下なのであまり濡れないと思うのに、上の写真のように、雨が強い日には必ず四つ折にして濡れないようにしてくれるのです。


この心づかいには毎度感動を覚えます。
深夜土砂降りの中、寒いし濡れるし時間の制約もある、細かいことまでいえば面倒なことはいっぱいあるはずです。あぁそれなのにそれなのに。。。


果たして自分にこれができる余裕があるでしょうか?


いつも言うことですが、尊敬すべき方々は身のまわりに本当にたくさんいます。
心から、ありがとうございます。

まだまだ採れます

こんにちは。


書くこと自体をすっかり忘れてしまう今日この頃、夕方以降はだいぶ冷え込むようになりました。
最低気温もいよいよ一ケタ台か・・・  なんて言っていた時が甘っちょろく思える冬ももう目の前です。

そんな秋口は、まだまだこれが豊作?です。


P9270024.JPG


大根っ葉がてんこ盛り。
やはり葉物は新鮮なうちにと、遅く帰っても、夕飯前に必ず調理しちゃいます。


そもそも普段は料理をしないので、素材が何であれレシピは貧弱ぅ貧弱ぅ・・・
今回は豆板醤で辛味をつけてみたのでいつもよりおいしくできました。


でも次の日はとっても苦!     なんで。。。

月別 アーカイブ

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30